一軒家

外壁塗装の鉄則

家族

外壁塗装をする際には、周りの住居の色なども考慮して、塗料の色を選ぶべきです。景観条例が厳しい自治体では、あまりに派手な色の外壁塗料で塗装すると、塗り直しになる可能性があります。
特に、観光を主な産業としている自治体で派手な色の塗料を使用するのは、条例違反となる可能性があるのでやめた方がいいでしょう。せっかく外壁を塗ったのに、塗り直しを命じられると、2回分の費用を払うことになってしまうので、大きな損となってしまいます。
また、住宅街においても、あんまり派手な色の外壁塗料は使うべきではありません。私の近所に壁を黄色で染めた家がありましたが、周りの住宅街と馴染まずに孤立している印象を与えています。
さらに、その派手な家を売却する段階になって、「この外壁では買い手がいない」と言われて断られたそうです。私個人としては「やっぱりな」と思うことではありましたが、やはり主張が激しすぎる害兵塗料をするべきではないでしょう。個性をあえて住宅の外壁で主張する必要はどこにもないのです。むしろ、外壁塗料を選ぶ際には、周りの住環境を壊さないようにする外壁塗料の色を選択するようにした方が無難なのです。
外壁塗料は無難にというのが、外壁塗装の鉄則です。

recommended news

外壁塗装の知っておきたい基本知識

草むらに置く家のオブジェ

外壁塗装は普段の生活においてはあまり重視されていないものかもしれませんが、実はとても大切なものです。そして知っておくべき外壁塗装の…

readmore

外壁塗装の鉄則

家族

外壁塗装をする際には、周りの住居の色なども考慮して、塗料の色を選ぶべきです。景観条例が厳しい自治体では、あまりに派手な色の外壁塗料…

readmore

外壁塗装の業者選びは慎重に

大きな家

これは私がまだ若かったころの話です。それは悪徳業者が多いと言われていた床下産業が陰りを見せ始め、そのイメージを引き継いだ感じで外壁…

readmore

実際に外壁塗装を行いました

家を渡す

10年ぐらい前か…更にもう少し前だったかも知れませんが外壁塗装をやりました。きっかけは営業のセールスマンがやって来て、築年数が経っ…

readmore